大阪の味巡り

大阪観光の楽しみの一つとして、食べ物の味めぐりは食い道楽の多い大阪では、ごく一般的に行われる醍醐味の一つです。大阪は、昔から食い倒れの街として知られ、天下の台所として全国から様々な物資が集まっていました。大阪の食べ物として、とくに有名なのはB級グルメの存在で、定番のタコ焼きやお好み焼きはまさに本場ならではの出し汁のきいた味が楽しめます。モダン焼き、ねぎ焼き、キャベツ焼きなどは、まさに大阪の味と言えるでしょう。

串カツ古くから、大阪は味にこだわる店も多く、うどんも関西ならではの出し汁のきいた味付けで、きつねうどん・かすうどん・うどんすきなど、太めの麺とコクのあるだし汁が決め手となっています。また大阪名物といえば、2度づけ禁止の串カツはとても有名ですが、紅ショウガの天ぷらも大阪のソウルフードの一つです。

ホルモンを使った料理も意外と多く、てっちゃん、どて焼き、ホルモン焼き、牛すじどんなどをあてにして飲むお酒は、また格別なものとなります。また、ほかにも大阪ならではのグルメに、てっちり、ハリハリ鍋、関西風すき焼きなどは、冬の味覚として楽しむことができます。関東だきは一般におでんという名称で知られています。そのほかにも、まだまだ大阪には隠されたグルメも多いのです。