車を利用した観光旅行

現在は、ほとんどの主要都市に高速道路が開通し、車を利用した旅行も随分増えてきたものです。車を利用するメリットは、何と言っても時間にあまり縛られないことです。主要交通機関だと時間によって、行動しなければなりませんので早朝や夜間の移動に制限がかかってしまいます。

車また、交通機関の利用は必ず待ち時間があり、乗り換えを行う場合も、ある程度の時間待たされることも多いものです。乗用車は、後部座席やトランクルームがあり、荷物を自由に詰め込めることも大きな強みとなっていきます。交通機関を利用した旅行では、大きな荷物を持ち歩くことが困難なため、土産物を買う際など、宅配便やクール便などを利用しなければなりません。

旅行の日程において、計画の変更は時間的に大きなロスを生みだすものですが、乗用車の場合は比較的スケジュールの都合に合わせて移動でき、高速道路を使いこなすことで短時間に移動が可能になります。最近では、観光目的の現地まで交通機関を利用し、駅周辺にあるレンタカーを利用した旅のプランなども比較的多く、レンタカーの乗り捨てシステムを利用した、賢い利用方法も大変人気となっています。旅先で買いそろえたお土産は、最終日に自宅などに送り届けることですべて解決するわけです。

大阪の味巡り

大阪観光の楽しみの一つとして、食べ物の味めぐりは食い道楽の多い大阪では、ごく一般的に行われる醍醐味の一つです。大阪は、昔から食い倒れの街として知られ、天下の台所として全国から様々な物資が集まっていました。大阪の食べ物として、とくに有名なのはB級グルメの存在で、定番のタコ焼きやお好み焼きはまさに本場ならではの出し汁のきいた味が楽しめます。モダン焼き、ねぎ焼き、キャベツ焼きなどは、まさに大阪の味と言えるでしょう。

串カツ古くから、大阪は味にこだわる店も多く、うどんも関西ならではの出し汁のきいた味付けで、きつねうどん・かすうどん・うどんすきなど、太めの麺とコクのあるだし汁が決め手となっています。また大阪名物といえば、2度づけ禁止の串カツはとても有名ですが、紅ショウガの天ぷらも大阪のソウルフードの一つです。

ホルモンを使った料理も意外と多く、てっちゃん、どて焼き、ホルモン焼き、牛すじどんなどをあてにして飲むお酒は、また格別なものとなります。また、ほかにも大阪ならではのグルメに、てっちり、ハリハリ鍋、関西風すき焼きなどは、冬の味覚として楽しむことができます。関東だきは一般におでんという名称で知られています。そのほかにも、まだまだ大阪には隠されたグルメも多いのです。

観光とホテルのマナー

最近はホテル業界も過当競争が激しくなり、値引きなどの価格競争も激しくなってきました。宿泊価格が下がることは、利用客にとっても都合の良いことですが、価格低下によるサービスのクオリティ低下は懸念されます。私たちが購入する物の中でも、製品であれば、開発や設計によって価格を下げることも可能ですが、サービスは人の手によるもので、人数分のサービスしかできないからです。

チェックアウトまた、グレードの高い観光ホテルなどの価格が下がることで、これまであまり利用してこなかった客層が増えているのも事実です。同時に利用客のマナーも懸念されています。ニュースでも報じられていますが、ホテルの備品を次々に持ち帰るといった事例もあり、マナーの問題はホテル側にとっても深刻な問題なのです。観光を楽しむためにはマナーを守ることも大切です。

利用客側のマナーとして、ホテル利用の際は必ず電話やサイト経由で予約しておきたいものです。また、宿泊先で気をつけなければならないマナーとして、入館後の外出や服装、喫煙場所の厳守、館内施設の適切な利用、備品や客室の利用方法などがあります。そして、バイキングなどで無闇に料理を取り過ぎてしまい、大量に残してしまうのも考えものです。チェックインやチェックアウトに関してもあまりずれてしまわないよう気をつけなければなりません。チェックアウトを過ぎてしまうと、ホテルによっては追加料金を取られることになります。ただし、スタッフにレイトチェックアウトを申告しておくことで、時間をずらすことが可能です。

【参考リンク】https://www.tokyuhotels.co.jp/osaka-r/
大阪のホテル❝東急REIホテル❞の公式ホームページです。